『プログラムとカウンセリングシステム』

 

今、求められているプログラムとは、
(社)日本フィットネス産業協会が調査した、余暇求める過ごし方のアンケートでは、リラックスしたいと思っている人が90%近くいるのに、現状のフィットネスでは、リラックスが提供できていない可能性が高い為、リラックスしてのんびりできるスペースが求められています。

よって、提供サービスとしては、
①体力アップ、障害予防、疲労回復、リラクセーションを目的としたプログラムを提供する必要性大。
②近隣にお住いの運動不足を感じているがなかなか踏み出せない人に向けて、手軽で、どなたでもができるリラクセーションプログラムからフィットネスプログラムへのアプローチをすることや、お客様同士のコミュニティアリーナ(集いの場)を意識してプログラムを提供することで、今最も必要とされているソーシャルキャピタルとしての人のつながりやきづなづくりも大切であると思われます。

 

図表1 余暇時間に求めるベネフィット:全体の傾向 「あなたは、余暇の時間に何を求めますか」  フィットネス産業協会調べ