研究所概要・実績

研究所名
PJフィットネス研究所(運営会社:株式会社プロフィットジャパン)
運営会社の詳細はこちら
所在地
東京都北区田端新町1-28-1 千代田ハイツ2階
TEL
03-6240-8987
所長
菊賀信雅
元国立茨城大学教育学部講師
公益財団法人日本健康スポーツ連盟研究員
東京医科大学 公衆衛生学分野 所属
健康運動指導士、ヘルスケアトレーナー、スポーツプログラマー
アドバイザリースタッフ
根本裕太 博士(スポーツ科学)
2018年早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士課程修了。
現在、東京都健康長寿医療センター研究所研究員。
専門は、疫学、公衆衛生学、健康科学。
所員
福田岳
VRCエグゼクティブトレーナー
美ポジ・アンバサダー
須崎宏美
鍼灸マッサージ師
ケアマネージャー

論文掲載・学会発表

論文、学会発表

        
  • 原著論文 菊賀信雅
    「フィットネスクラブ利用経験と余暇活動に求めるベネフィットに対する意識の関連:日本人成人を対象とした横断研究」 2017.01.01スポーツ産業学研究 第27巻第1号 (2017.1.1発行)
    学会発表 菊賀 信雅
  • 2019.11 : 東京医科大学 医学会総会「フィットネスクラブの入会者の退会に関連する心理的要因:前向きコホート研究」
  • 2017.05 : アメリカスポーツ医学会(ACSM)にて、発表 PJS2 「Predictive Indicators of Early Fitness Club Membership Termination in Japan: A Cohort Study」
  • 2016.09 : 日本体力医学会(盛岡) シンポジスト 発表 「フィットネスクラブ経営で求められるエビデンスと研究を実施する際の問題点」
  • 2016.06 : 運動疫学会発表 PJS2  「フィットネスクラブの早期退会の要因を明らかにするための研究計画:コホート研究」
  • 2015.08 : 日本スポーツ体育健康学術連合(東京) シンポジスト 発表 「疫学的研究手法を取り入れたフィットネスクラブの利用者増加対策」
  • 2015.06 : 運動疫学会発表 PJS1 「フィットネスクラブ利用と余暇活動に求めるベネフィットに対する意識の関連:日本人成人を対象にした横断研究」

研究開発

        
  • 国内初のインピーダンス方式による体脂肪測定器の研究学会発表・体脂肪計開発
    代謝測定機の開発研究・学会発表

TOP